仮想通貨を始めるために押さえておくべきこととは?

トラブルの原因は意外とかなり身近なところに

一番気をつけるべきトラブルの原因とは?

例えばテレビの情報番組でよく流れている「振り込め詐欺」。大抵の方はそれを見聞きしたことがあると思います。

ところで「振り込め詐欺」の電話をかけている詐欺師は、「僕(息子)が会社のお金を使い込んでしまった」「僕が交通事故を起こしてしまった」など、「(家族である)僕がトラブルを起こしてしまったから、助けて欲しい」という設定ですよね?
つまり人間は自分にとって身近な人から紹介されたり、助けを求められたりすると、だいたい無条件で話を受けてしまいます。

ですから仮想通貨も、トラブルに巻き込まれている方の傾向として「友人から(儲かる)と言われて、調べることもなく鵜呑みにして始めてしまった」とか、「先輩から突然連絡が入り(お前も一緒にやらないか?)と誘われてお金を振り込んだが、それ以降先輩からも振込先からも連絡がない」などやはり「身近な友人・知人」が原因でトラブルに巻き込まれているパターンが多いようです。

もしトラブルに巻き込まれた場合

では一体、仮想通貨のトラブルに巻き込まれてしまった場合、どう対処すればいいのでしょうか?まずは、お住いの役所のホームページを開いてください。
そこに「仮想通貨のトラブル」について書かれてある欄があると思います。その欄を見つけたらクリックして何をするべきか理解したうえで行動しましょう。

もし仮想通貨について書かれてある欄がなければ、そのトップページのどこかにおそらく「検索」というボタンがあります。
その前の空欄に「仮想通貨」と文字を入力して「検索」ボタンを押してください。すると検索結果が出てきます。そこから皆さんが求めている情報を探しましょう。

大抵の場合その欄はあり、そこには市区町村の「生活相談課消費生活センター(市区町村によって名称が異なる可能性があります)」の直通番号あるいは、市役所の総合窓口の電話番号が書かれています。その番号に電話をしましょう。おそらく何かしらのアドバイスをくれるはずです。


この記事をシェアする