仮想通貨を始めるために押さえておくべきこととは?

仮想通貨と法定通貨、何がどう違うの?

法定通貨と仮想通貨の違いとは?

先ほど簡単にご説明しましたが「法定通貨」とは、普段私たちが使っているお金のこと。
ほとんどの方がご存じのように、日本の「法定通貨」は日本銀行で作られています。

この日本銀行ですが、日本銀行法に基づいて設立された日本の中央銀行になります。
つまり「法定通貨」とは、日本の国がその価値を保証しているわけです。
ちなみに日本のような国力のある国では、「法定通貨」に対する信用が非常に高いです。

一方「仮想通貨」の発行には、政府の関与は全くありません。
ただ「法定通貨」の信用性が低い国では、「法定通貨」より「仮想通貨」のほうが信頼性の高いところもあります。
「法定通貨」の信頼性が高い日本では「仮想通貨」の位置づけは、「インターネット上でやりとりされる電子データ」に他なりません。

仮想通貨の数は1000以上!?

よくテレビのコマーシャルで流れている仮想通貨は、「ビットコイン」かと思います。あと「リップル」や「ネム」も名称くらいは聞かれたことがあるかもしれません。

ちなみにこの仮想通貨、どれだけの種類があるのかをご存知ですか?その数は1500を超えると言われています。おそらく今後、この数はさらに増えていくものと考えられています。

ところでこの仮想通貨を扱う仮想通貨交換業者は、金融庁・財務局への登録が必要であることはご存じでしょうか?つまりもし仮想通貨を利用するなら、まずはそれらの機関に登録がされているかどうかをまず確認しましょう。これは、仮想通貨でのトラブルを避ける一番の基本的な行動です。

この登録を受けた業者かどうかを確認する方法はとても簡単。それは金融庁・財務局のホームページを見れば確認できます。


この記事をシェアする