仮想通貨のトラブルを避けるために気をつけること

仮想通貨を始めるために押さえておくべきこととは?

今さら聞けない仮想通貨について

仮想通貨がニュースなどマスメディアで多く取り上げられるようになったのは、ここ数年のことではないでしょうか?それほど良い意味でもそうではない意味でも一般的になった仮想通貨。ところで皆さんは仮想通貨についてどれほどご存じですか?

まず少し前に「億り人(おくりびと)」という言葉が話題に上がりましたが、この言葉の意味は知っていますか?その答えは「資産額が1億円を超えた人」のこと。
次に「キャピタルゲイン」という言葉もよく聞かれますが、こちらの言葉の意味はご存知ですか?「キャピタルゲイン」とは、「通貨の売買を行なうことで利益を得る」ことになります。
あと「ハッキング」という言葉も、多くの方々がご存じかもしれませんが、念のために説明をすると「システムに不正侵入して、仮想通貨を盗難すること」。ちなみにその「仮想通貨を盗む人」のことを「ハッカー」と言います。

ところで仮想通貨に対する一般的なイメージは「誰でも気軽に始められ、キャッシュバック率がとても高いもの」というものかもしれません。
しかし仮想通貨も一歩間違えれば、株などの金融商品同様、損をする可能性があります。
つまり仮想通貨を利用するためには、リスクをよく理解したうえで取引をしなければ、トラブルに巻き込まれることも十分にあり得るわけです。

「でもこれだけ低金利の時代、しかも物価高騰、年々何かの税金が上がっている上に、給料の上がらない中、仮想通貨で取引をして利益を得たい」と考えるのは、当然のことでしょう。なのでここでは仮想通貨の取引で特に気を付けるべきことを数点あげたいと思います。あともし万が一トラブルに巻き込まれたときはどうすればいいのかも併せてお伝えします。

仮想通貨とのトラブルを避けるために気をつけるべきこととは?

仮想通貨は数年前からテレビやネットでも広告が出ていたり、仮想通貨の特集番組が放送されたりで、かなり一般的に知られる存在になりました。 ただ「知っていて当たり前」な風潮になると、なかなか仮想通貨のことを聞きづらくなりますよね? ここでは「そもそも仮想通貨って何?」からお話したいと思います。

仮想通貨と法定通貨、何がどう違うの?

仮想通貨に対する言葉として「法定通貨」が挙げられます。改めて「法定通貨」と表現すれば「法定通貨ってなに?」という感じかもしれません。 実はこれ、普段私たちがお店に行って支払っているお金のこと。ここではこの法定通貨と仮想通貨についてお伝えします。

トラブルの原因は意外とかなり身近なところに

トラブルは情報を確かめて、事前に気をつければ回避できます。しかしどれほど気をつけても、トラブルに巻き込まれてしまうことは絶対にない訳ではありません。 万が一トラブルに巻き込まれたときは、どうすればいいのでしょうか?ここでは実は身近にあるトラブルの原因とトラブルに巻き込まれたときの対処法をご紹介します。